おなまえ
Eメール
タイトル
コメント
参照URL
添付File
暗証キー (英数字8文字以内)
画像認証 (右画像の数字入力) 投稿キー
文字色
投稿欄を隠すボタンーー>
新アドレス

諸事情でアドレスを変更しました。

Ike 2010/10/23(Sat) 08:12 No.1913 [返信]
お詫び

しばらく仕事が忙しくて掲示板の見回りを出来ずにいたら、荒らされてしまいせっかく皆様にご投稿頂いた記事がすべて過去ログにおいやられてしまいました。すみません。2年前にバックアップを取ったファイルがあったので一応復旧しておきました。2008年12月以降にご投稿頂いた方にはお詫び申し上げます。

Ike 2010/05/19(Wed) 20:29 No.1824 [返信]
PAPI発見

先週、一週間休みをもらって旅行をしてきました。途中スペインからモロッコへジブラルタル海峡をフェリーで渡る際に、確かあの辺に空港があったよな・・・と見ていてPAPIを発見してしまいました。海峡の要衝であるこの小さな半島だけ未だにイギリス領となっています。以前Googleアースで見たときに狭い飛び地に立派な滑走路があるのが印象的でした。その辺りを見たらやはり有りました、空港が。ここまで来て何を見ているのやら。

写真中央あたり海面と同じくらいの高さの平らなところが滑走路でその両脇に赤いランプが4つづつ見えています。右に少し見えている山がジブラルタルの岩山で、左はもうすぐスペインとの国境です。ジブラルタル湾を挟んで西側のアルヘシラス港からモロッコへ向かうフェリーから撮影しました。

Ike 2008/11/27(Thu) 00:17 No.1714 [返信]
スポイラー
旅客機がタッチダウンする時に翼を見ていると、グウォーっとエンジンが逆噴射するのと同時に一斉にこの板たちが立ち上がります。これはエアバス社A320の翼です。エールフランスでパリCDGに着陸した際に撮影しました。風に向かって立ち向かい頑張ってるなーという感じと、板の裏のパイプや油圧のアクチュエータ類のなんとも機械っぽい感じがとても好きです。B777だと手前から2番目だけ立ち上がる角度が違うんで一瞬「故障かな?」って心配になるんだよね。A320は全部同じ角度で立っているので見ていて気持ちが良いです。

Ike 2008/11/27(Thu) 00:30 No.1715
雲間の滑走路

先週の月曜中国に出張したのですが、この日は朝から問題続きでした。フライトは費用の都合でCA(中国国際航空)だった。成田空港へ行く電車の中にあった表でターミナルビルを確認したらターミナル1と書いてあった。CAはスターアライアンスだしANAとのコードシェア便だたので何も疑わずにターミナル1へ行った。朝一番のフライトだったのであまり時間に余裕を取れなかったのですが、1時間ちょっとあれば大丈夫だろうと思いながらチェックインカウンターへ行くと、CAはターミナル2ですと言われた。CAがターミナル1になるのは来月からだとの事。慌ててシャトルバスにのりターミナル2へ。出発30分前にカウンターに着き私がチェックインすると荷物のチェックインが締め切られた。ギリギリセーフ。

生憎の曇り空だったがいつものように窓側に席を取りカメラもスタンバイ。雲間から小牧空港、広島空港、広島西空港が見えて写真に収める事が出来た。その後は曇り空だったのと、寝不足だったので深い眠りに落ちた。着陸のショックで目が覚め、窓の外を見るとなんだかいつもと様子が違う。最新式の上海浦東空港のはずなのに、旅客機がエプロンに並びタラップで人々が降りている。????周囲はちょとした騒ぎになっていて、聞こえてくる日本語を総合すると天候が悪く浦東に降りれなかったので虹橋に着陸したようだった。前回の出張でチケットを取るときに虹橋を検討したこと、今回は杭州に直接飛ぶフライトを検討したことなど、寝覚めの頭にいろんな事がよぎり、頭の中が暫く混乱していた。しかし、虹橋にいる事が確認でき、次の対策を考えることが出来た。私は乗り継ぎも待ち合わせも無かったので、全く問題は無かったが、周りの人々は大騒ぎだった。

写真の中に滑走路が写っています。何処だか分かりますか?kenichiさんはきっと直ぐ分かるでしょう。

Ike 2008/06/28(Sat) 22:25 No.1577 [返信]
Re: 雲間の滑走路
答えは広島西空港でした。写真の中央辺り、川沿いに滑走路があるのが見えます。

Ike 2008/07/05(Sat) 00:12 No.1579
Re: 雲間の滑走路
Ikeさん、お久しぶりです。その後の様子はどうですか?kenichiさんとはわしのことでしょうか?もしそうであれば、ちなみにkenkichiです。違う人だったらごめんなさい。西空港4月に遊覧飛行で飛びましたよ。少し、酒に酔っていたのですが、エノラゲイからの景色もこんなのだったのかなと思いながら172の後部座席からながめていました。ところで、実は今、職を得て今アトランタに住んでいます。飛ぶのを再開するのに空港のまん前にアパートを借りました。空港はPDKです。http://www.pdkairport.org/
部屋から空港は見えないですが、トラフィックで低い位置で飛んでいるのが見えます。
でも、今はまだ周りの物をそろえたり入用でまだレビューやメディカルさえもまだ行っていません。David Clark やニーボードはあるんですけど。
車のガスの値段が前にいた時の4倍に跳ね上がっているんですけど、アビエーションの100のガスもやっぱり4倍になってるんでしょうね。少し落ち着いたらレビューに行ってみます。Ikeさんもなおきさんもアトランタ周辺にくることがあれば声をかけてください。
わし 2008/07/19(Sat) 13:59 No.1589
Re: 雲間の滑走路
そうそう、広島で飛んだときの写真です。

わし 2008/07/19(Sat) 14:46 No.1590
Re: 雲間の滑走路
おー、わしさん、久しぶりですねー!kenichiさんは別のパイロットの方です。アトランタはどうですか?夏は暑そうなイメージがあります。しかしPDKの直ぐそばに住めるなんて羨ましい。PDKは大陸横断の時に立ち寄りました。夜の11時半頃に到着してしまい後でペナルティーのレターが回ってきました。夜11時以降は発着禁止だそうですので夜間飛行の際は気をつけて。アトランタは今のところ縁が無いですが、デルタ航空でフロリダに行くときに経由する可能性があります。その時はトランジットを何とか一泊に変えて立ち寄らせてもらいます。AVガスの値段とても興味があります。今度飛んだら最近のレンタルの相場を教えてください。ではまた。

Ike 2008/07/19(Sat) 21:50 No.1591
Re: 雲間の滑走路
あいくさん、ご無沙汰しております。

すみません、こちらの方は足が遠のいていて、今日気づきました。わしさんもケンイチさんですか?

広島西での空の散歩は、仕事で忙しくしていてずっとご無沙汰で、景色も忘れてしまっています。FAAの方もBFR受けないとPICで飛べませんし、アクティブじゃないです。
kenichi 2008/09/14(Sun) 19:12 No.1654
Re: 雲間の滑走路
kenichiさん、お返事して頂きありがとうございます。私も昨年BFRをしてからもうすぐ1年になってしまいます。すっかり操縦から遠ざかっています。
Ike 2008/09/15(Mon) 22:31 No.1655
高速用エルロン?

お久しぶりです。お元気ですか、アイクさん。
先日、実家に行きますと、親父が、
『おい、飛行機には低速用と高速用エルロンがあるの知っていたか』と聞いてくるのです。
なおかつ、『高速用は低速とは逆に動くらしい』と言いました。

びっくり仰天して何のことか聞いてみると、柳生一という人が書いている本を持ってきまして、開いてみてみると、旅客機には翼の根元と翼の先に二つのエルロンがあり、根元の方の高速用は低速用とは逆に動くとハッキリ書いてありました。


航空力学的な説明は一切ありませんでした。
どのくらいのスピードから高速になるのかもまったく書かれていません。
どうして逆になるのか、まるっきり、さっぱり判らないのですが、もしかして、これって飛行力学の常識なんですか?

アラスカ 2008/04/04(Fri) 22:37 No.1514 [返信]
Re: 高速用エルロン?
アラスカさん、こんにちは。

毎度ながらとても興味深いお話ですね。しかし残念ながら私は正解を知りません。旅客機の窓から外を眺めていると、時折翼の根本のエルロンが動いているのを見かけます。写真のように確かに翼の先のほうにもエルロンらしき部分があるのですが、こいつが飛行中動いている所を私は見た覚えがありません。根本のエルロンは離着陸時は忙しく動き巡航時もたまにチョコチョコ動いているのを見かけます。

音速を超えるときにエレベーターの効果が通常と逆になる、つまり操縦桿を引くと下降してしまう話は聞いた事があります。エルロンも同じように逆になるのかも知れませんね。旅客機も音速近くまでスピードが出ますから、もしかするとそれと何か関係あるかもしれませんね。

第二次大戦の終わり頃に急降下でスピードを上げると操縦が出来なくなり墜落してしまう事故が起こるようになり、あるパイロットがやはり急降下中に操縦不能となり墜落しかかった時、操縦桿を押すとピッチアップすることに偶然気がつき難を逃れたことで、音速近くでエレベータが逆の効果を発生することがわかったそうです。しかし、急降下で目の前に地面が迫ってくる状況で操縦桿を押すことの出来る精神力ってすごいですね。

Ike 2008/04/05(Sat) 12:35 No.1515
Re: 高速用エルロン?
ご返答mありがとうございました。
なるほどなるほど。エレベータのそれと関係がありそうですね。
☆急降下で操縦カンを押し下げる・・信じられません。パイロットってスゴイ人たちなんですね。
アラスカ 2008/04/07(Mon) 20:13 No.1516
Re: 高速用エルロン?
昨日国内線で747に乗りました。この記事の事を思い出して翼の見える窓際に席をとってエルロンをずっと観察していました。昨日は気象状況が悪く良く揺れたのでエルロンも良く動いてました。上の投稿で翼の先の方のエルロンらしきものが動いているのを見たことが無いと書きましたが、時々動いてました。根本のエルロンに比べると本当に少ししか動いてませんでしたので良く分かりませんでしたが、動く方向は同じように見ましたよ。
Ike 2008/04/18(Fri) 23:01 No.1522
Re: 高速用エルロン?
確かに高速用、低速用はありますね。高速のときは外側を使うとあまりにも翼にねじれが生まれてしまって構造的に弱いので、高速のときは内側の翼根のほうのエルロンが作動します。低速のときは外側と内側が同時に動いたか、外側だけだったか、、、そんな感じです。すべてスピードに応じて自動的に反応すると記憶してます。高速のときは効果が、少しのエルロンの動きで十分反応し、得られますのであんな小さな面積で十分だったと思います。
反対に動くのは「フラペロン(Flapperon)」のことでは。名前どおり、フラップとエルロンの役目をする作動翼のことです。
では、簡単ですが、今回はここまでで。
なおや 2008/06/06(Fri) 13:44 No.1574
Re: 高速用エルロン?
こんな感じです。航空実用辞典より。
「なお,現代の大型ジェット輸送機や高速機では,高速飛行時にエルロンの効きが逆になる,いわゆるエルロン・リバーサルの発生を防止するため,左右各エルロンを,内側エルロンと外側エルロンに分け,高速時には内側エルロンとフライト・スポイラーを併用する方式のものが多い。また,777では内側エルロンはフラッペロンとも呼ばれる。フラッペロンは,ラテラル・コントロールとしてエルロンとスポイラーとともに作動し,また高揚力装置としてフラップとともに作動する。」
早くこんなの飛ばしたい!
なおや 2008/06/06(Fri) 13:59 No.1575
Re: 高速用エルロン?
なるほど。フムフム。
Ike 2008/06/11(Wed) 22:42 No.1576
処理 記事No 暗証キー

- JoyfulNote -